忍者ブログ

Mi casa

シニアに成って始めたさをり織りや 日々のできごとを綴ります。

[581]  [580]  [579]  [578]  [577]  [576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571

アルウェンの事

腰痛が少し楽に成ったので、やっと球根を植えました。
野良ネコちゃん達が付いて回って不思議そうに見ていました。
傍には来ても、触る事はできません。
(人懐こかった茶トラの男の子はお隣の方がどこかへ連れて行きました。
三毛猫とグレー君の警戒心が強くなって、
保護して避妊去勢したいのですが現時点では難しいです)



アルウェンの病状は、起伏が激しく
もう難しいかもしれないと感じる時もあれば、
物凄く調子が良くてステロイド要らないんじゃ?!と思う時も有ります。
そんなに調子の良い時間は大変短いのですが、
ずっとこの調子で居て欲しいと願い、、、ガックリの繰り返しです。

最近感じるのは、寒波到来の少し前くらいの調子が大変悪い事が多いです。
一昨日の夜は、腹水も相当溜まり、顔もパンパンに腫れてしまっていました。
このまま気道がふさがってしまうのではと心配しました。
当然食欲もなく、白飯を少しだけ食べるのがやっとでした。
そういう時は下痢も酷く成ります。下痢止めは全く効きません。


翌日のステロイドの注射が効いて、
(あまり効かない時も有ります)
食欲も出て、顔の張れも引いて来て今回はちょっと一安心な感じです。

最近は庭にまいて有る竹炭を持って来て食べています。
元気があって沢山食べている時の方が調子が良いような気もします。
玄米酵素は全く食べなくなりました。
食事に玄米酵素が入って居たらひっくり返し食べません。
彼女には必要の無い物なのでしょう。
気休めかもしれませんが、竹炭パウダーを食事にふりかけています。

発症から1年と少し経ちました。
このままどこまで頑張ってくれるのか、
全て彼女のDNAに書き込まれた命の長さなのだろうと感じています。

私がコーギーに出会った頃はネットもこんなに盛んではなく、
情報量が少なく、遺伝的な病気に関する情報を得る事がとても大変でした。
DNA検査も冷蔵した血液をエクスプレスでアメリカに送ったりしていました。
最近は口腔内をブラシでこすって送れば良いし検査期間も短く成って
本当に良い時代に成ったと思います。
しかし、いくらDNA検査で遺伝的な病気を確認排除したからといって、
全ての病気に通用するわけでは無く、
結局は個々の生まれながらに決められている寿命なんだと感じています。

我が家の子達もみんな高齢に成って
(最高齢はパティー15歳、颯太以外全員10歳以上です。)
何時誰がどうなってもおかしくないです。
それを全て引き受ける覚悟もできています。
最後の時まで、気持ち良く苦痛少なく暮らして欲しいと切に願います。

今アルウェンはハウスのヒーターの上でいびきをかいて寝ています。
いびきが出るように成ったら一安心です。





PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

アドベントカレンダー HOME たっくん大はしゃぎ^^

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[02/29 Ja'mie]
[02/12 ちょうじゃの]
[12/28 いちこ]
[11/22 いちこ]
[11/11 いちこ]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Mellon418
性別:
女性
趣味:
手仕事
自己紹介:
音楽を聞きながら犬達の世話をしたり
手仕事・台所仕事をするのが大好きです。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

カウンター

アクセス解析

忍者ブログ [PR]
Template by repe